独学で確実に東大・医学部に合格できる勉強法

1年あれば塾や予備校に行かずに東大・医学部に誰でも独学で合格できる勉強法や参考書を紹介しています

教育

親の年収で学歴が変わるのは間違いなくホントウ

投稿日:2017年8月9日 更新日:

 

「親の年収と子供の年収は比例する」

なんて都市伝説のように思われますがこれ中々相関関係あります。

 

しかもはっきりと理由があります。

 

それは

 

教育にかけるお金と親による学歴の重要性の認識

 

です。

 

まず最終学歴が年収の多少に関わってきます。

これは厚労省のデータからも明らかです。

 

東大卒が年収いくら、早慶卒が年収いくら、なんていうデータも出ています。

大学別にまで出す必要性はわかりませんが大卒と高卒では年収にかなりの開きがあります。

 

親の年収で子供の最終学歴がある程度決まるというのは本当です。

少し具体例をあげて見ていきましょう。

スポンサーリンク

親に学歴がない場合(特に地方に多い)

 

日本の特徴として大企業の本社、政治機関などはすべて東京及び大都市圏にあります。

そこに勤める人たちはある程度学歴がある人たちが多く必然的に都会に高学歴の人が、地方に低学歴の人が多くなります。

本社に勤める人は頭脳職ですが地方の下請け会社などで働く場合にはそれほど学歴は必要ありません。

地元の国立大を出てればいい方です。

 

 

親に学歴がないと学歴の重要性が理解できていません。

だから子供を小学生の段階で塾に通わせたり、県内の進学校を受験させようという思考に親がいたりません。

 

 

小学生ぐらいの段階の子供は自我があっても自分で自分の人生について理解できる段階ではないです。

なので親が方向性を与えてあげないと子供は地元の小学生たちとまったく同じ価値観になります。

 

 

「人は無意識の内に環境に左右される」

とはよく言ったもので、

 

勉強ができる=かっこ悪い

悪ぶって遊ぶ=かっこいい

 

という価値観が子供に確立されてしまったら、その子供にどんなに才能があったとしてもその時点でその子は潰されてしまいます。

 

するとどうなるか。

 

才能があったとしても親と同じようなレベルの学歴、人生を歩むようになります。

関連記事→「難関医学部に受かる8割は環境に恵まれただけ!?地方との教育格差!

 

 

例として地方の人は

 

地方で生まれたら生涯地元に残って地元に貢献することが正しい

 

という風潮がありますから親がそうだと子供も影響を受けてそういった選択をしてしまうのです。

 

 

都会に出ることが必ずしも良いことばかりとは限りませんが確実に良いことがあります。

それは人との出会いです。

資格の勉強や知識のインプットは全国どこにいても本とインターネット環境があれば誰でもできますが、都会には出会いがあります。

自分がすべき勉強を頑張りながら人との出会いというチャンスにも恵まれています。

 

ある決まった職業にとらわれない、人生でいろんな事業に手を出してみたい、何するか決まってないが独立して挑戦したい、という動機で都会に出てくるのも素晴らしいと思います。

 

話は戻します。

 

子供を自分よりもいい学歴の大学に行かせてあげたいと思うならば、子供を塾に行かせて中学受験をさせることです。

まず塾に入り、勉強ができることはかっこ悪いことじゃなくてむしろ褒められる、という環境を子供に与えるべきです。

そうすることで子供は自然と勉強ができるような子達とつるむようになり、悪ぶっているだけのグループからは離れていきます。

スポンサーリンク

親に学歴がある場合(首都圏に多い)

 

先ほどの説明通り、学歴のある親は

 

学歴の重要性

 

を理解しているので子供にも将来のことを考えて早いうちから中学受験をさせます。

なぜなら子供は環境に左右されながら成長するので頭のいい子たちがいる学校に入りさえすれば、頭がいいことは素晴らしいという価値観を持って成長することを親は知っているからです。

 

 

言うなれば、教育を周りの環境に任せているのですね。

これは全然間違ったことではありません。

中学ぐらいまでは子供は自分や人生のことなど自分では判断できないことが多いので親が指針を与えてあげることが大切です。

 

 

大学受験レベルになったら、もう親のしてやれることはありません。

自分で考えて自分で第一志望に合格するしかありません。

この段階になってまで親が子供を半ば強制的に塾に通わせているのは、ただの過保護ではっきり言って子供の邪魔にしかなりません。

 

経済的な支援は大切ですが、高校生になったら放っておきましょう。

 

余談ですが、地方で生まれて親に学歴がある場合お母さんと息子2人で中学受験のために上京し

6年間子供を都内進学校に通わせながら2人暮らし、というパターンも多いです。

それぐらい学歴のある親は教育の重要性を理解しています。

スポンサーリンク

-教育


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


どうも!Manakaです。

現役の医大生で、Webマーケティング、Webメディアを通じた広告事業などを中心に活動しています。

このブログでは自分の受験経験で知った、確実に合格するための計画の立て方や参考書や勉強法を紹介してます!

プロフィール詳細

勉強法や効率性に関することつぶやいてます