独学で確実に東大・医学部に合格できる勉強法

1年あれば塾や予備校に行かずに東大・医学部に誰でも独学で合格できる勉強法や参考書を紹介しています

教育

知っておくべき!2020年度に変わる大学入試を徹底検証してみました

投稿日:

 

今現在高校3年生及び浪人生は大学受験では1月中旬ににいわゆる「センター試験」を受験します。

 

一昔前は「共通一次試験」という名前の試験でこちらも全国一律で行われていました。

 

現在の教育改革により2020年度より「センター試験」は生まれ変わり名前も変更します。

 

2021年1月から実施される新たな入試を「大学入学共通テスト」といいます。

 

今回は

 

・現在の入試制度とのとの違いは?

・一体なぜ変更されるのか?目的はなんだろうか?

・新しい入試形式を前に何をすればいいのか?

 

大きくこの3点についてまとめてみました。

 

 

今の受験生にはあまり関係ないかもしれません。

 

しかしなぜ文科省がこのタイミングで教育改革を行い、入試制度の変更にまで踏み切ったかについて考えることは大切です。

 

2つ目のなぜ入試制度が変更されるのか?という段落に私の見解が多く書いてあります。

スポンサーリンク

今の入試制度とどう変わるのか!?

 

日程

 

日程は現行のセンター試験と変わらず、1月の中旬に2日間かけて行われます。

 

 

出題科目

 

科目は現行のセンター試験と変わらず、6教科30科目です。

 

 

概要

 

今までは

 

センター試験+二次試験

 

これからは

 

大学入学共通テスト+二次試験

 

となります。

 

知っておくべきは大学入学共通テストですね。

 

 

変更点

 

 

今までのセンター試験で受験生に問われた能力とは

「知識」と「情報処理スピード」です。

 

 

これまでにも

・英語試験におけるリスニング導入

・「生物基礎」「化学基礎」「地学基礎」「物理基礎」の導入

など小さな変化は見られてきました。

 

 

しかし今度の入試改革はこれまでの入試形態とは一味も二味も異なるものです。

 

 

以下は文科省が発表している事項を私が要約したものです。

 

 

大学入学共通テストではこれまでの

 

「知識・技能」

 

を重視した入試テストとは違い、

 

「思考力・判断力・表現力」

 

をベースに受験生の点数を決定していこうというものです。

 

「知識・技能」ではなく「思考力・判断力・表現力」をはかるということでこれまでのセンター試験よりも難易度が上がることが予想されます。

 

 

具体的な大きな変更点としては「国語・数学」において問題の一部で記述式を導入するという変更がなされます。

 

それに伴い試験時間が

国語の場合は80分→100分、数学は60分→70分

と変更されます。

 

記述問題の採点は3~5段階の段階別で評価されます。

 

2024年度から「地歴公民・理科」においても記述問題の導入が検討されています。

 

 

 

英語においては大きな変化が段階的になされる方針です。

 

具体的に説明します。

 

現在の「センター試験」の英語試験はリーディングとリスニングの大きく二つの要素から構成されていました。

 

しかし2020年度に新しく導入される「大学入学共通テスト」では今までの2技能の英語力の評価ではなく

「読む・書く・話す・聞く」の4技能において受験生の英語の力をはかることとなります。

 

何十万も受ける共通テストでこれらを一斉に測るのはコストの面から見ても割に合わないので

民間の英語試験の点数も段階的に活用されていきます。

 

 

 

成績開示方法についても変更されます。

 

今までのセンター試験では採点は「自己採点方式」が基本でした。

 

受験生は試験後にネット、新聞で解答速報を参考に問題用紙に書き残した自らの解答と照らし合わせて自分の点数を予想し大学への出願を行っていました。

 

成績開示申請を行えば実際のセンター試験の合計点は知ることができたが科目ごと、設問ごとの正確な実際の点数は知ることは今まではできませんでした。

 

しかし新たな「大学入学共通テスト」ではマーク形式の解答部分においては設問ごとの詳細な点数が発表され、記述解答方式の部分については段階別に成績が発表されます。

 

(文部科学省発表)

 

 

まとめると、国語と数学の一部で記述問題が導入されて英語で民間の英語試験が採用され総合能力を見るよということですね。

 

ちなみに英語の民間試験の採用というのは高3の4月~12月に2回まで受けられてそれを入試センター側に提出するそうです。

 

TOEICやTOEFLの日本における知名度も爆上がりしそうですね。

スポンサーリンク

なぜ入試制度は変更されるのか!?理由を考察してみます

 

新たな入試改革を前に学校においても予備校業界においても対応に追われていることでしょう。

 

そもそも何でこのような改革を行う必要があったのかというと

 

それは

 

少子高齢社会となった日本で「求められる人材」が変わった

 

という理由が文科省始め多くの人が言っているものです。

 

 

つまりこれからの社会に求められる人材とは

 

「自らの頭で考え、問題を発見し、主体的に動く人材」

 

なのである、ということですね。

 

 

私は教育に関するこういう系の発表を聞いていつも疑問に思います。

 

今までの社会では自分の頭で考え主体的に動く人材は必要じゃなかったのかなと思います。

 

そんなことありませんよね。

 

いつの時代にも机上以外でも自分の頭で考える人材が求められるはずです。

 

考えなければならないのは

 

「自らの頭で考える」にはどうしたらいいか?

 

ということです。

関連記事→「頭のいい人になるには (2) 頭の良さの定義とは

 

正直国語と数学の一部で記述問題が導入されたって、高校3年生の時が人生で1番英語ができているような状況が続く様ではこの問題の根本的な解決には何1つなりません。

 

皆さんも入試制度がちょっと変わったからってその個人が劇的に変わらないことはなんとなくわかりますよね。

 

ここから完全に私の独自の考えです。

 

私には文科省が「日本も他の国に負けず劣らずグローバル教育に力を入れてるよ」という名分で入試制度をちょろっと変更しているようにしか思えません。

 

今、「名分」と言ったのが重要です。

 

文科省の人間なんて私なんかより遥かに頭のキレる人たちばかりです。

 

 

そんな文科省の人間が入試制度を少しいじったくらいで「主体的な人材」が育つと思っているのでしょうか?

 

やらないよりはやったほうがいいと思いますが、本気でそうしたいならもっと別の手段がありますよね。

 

本気で英語を話せる人材を養成したいなら、各高校に留学助成金を配り全生徒1ヶ月以上の留学必須にしたほうが効果は何倍もありますね。

 

「現地で生活」という経験が大事です。

 

ではなぜ彼らは「グローバル教育に力を入れている」というのは本気ではなくて名分なのでしょうか?

 

それは

 

別にグローバル人材が日本から出てこなくても国としても個人としても大して困らない

 

からです。

 

他の外国と日本をごっちゃにして考えると分からなくなります。

 

日本人は必要性に駆られていないのです。

 

日本に住んでて、日本が嫌ではないけどもっと裕福な暮らしがしたいから英語を学んで海外で労働するぞと考える人はほとんどいないでしょう。

 

インドや中央アジアの地域ならありますが日本でそういう人はあまりいないでしょう。

 

日本は世界第2位の経常黒字国で世界最大の純債権国です。

 

経常黒字国ということは国としての収支が毎年プラスということです。

日本は毎年20兆弱ほどのプラスです。

 

純債権国というのは他の国に投資をしている額が投資されている額よりも大きく、常に投資した資産からの利子や配当を何もしなくても手に入れられる国ということです。

 

しかも国内マーケットも1億もの人口がいます。

 

日本の経済が崩壊するなんてニュースをよくワイドショーでやっていますが、崩壊するって言えって指示されてそれを言ってしまうコメンテーターや評論家には自分に対する誇りというものがないのでしょうか。

 

世界最大の純債権国の日本は何もしなくても外国から毎年10~20兆円が流入してきて、最大の債権国という理由から日本経済が潰れるのは世界の中でも明らかに最後の方です。

 

借金を背負っていない国が借金背負っている国より先に経済崩壊するなんてことはあり得ないのは小学生でもわかりますね。

 

 

話を戻します。

 

人間ていうのは受験に限らず

 

「必要性」に駆られさえすれば受験勉強だろうが英語の習得だろうがなんでも案外できてしますものです。

 

つまり「自分の頭で考える」には「必要性」に駆られないといけません。

 

必要性に駆られれば自ずと方法を模索します。

ぬるま湯に浸かったままでは心の底では変わる必要性がないとわかっているので切り詰めて方法を模索しようとしません。もしくは実行しません。

 

 

日本人は日本で生まれ、日本で育ち、日本で死ぬことになっても経済的に晩飯も食えないほど困窮する人など現状ほとんどいないです。

 

また学校を卒業して最低限の社会性があれば職がないなんてことも起きません。

 

外国人は「英語が扱えることのメリットが大きい」という必要性にかられて皆できるようになり、そういう国のグローバル教育こそ功を奏しやすいと思います。

 

多くの人が必要性に駆られていないのだから日本人の中で英語を流暢に喋れるのはこれまでもこれからも

 

「英語を扱える必要」

 

がある人だけだと思います。

 

文科省もそんなこと百も承知だけど世界の教育の流れに従ってただ「改革」したと言いたいだけなのかなと思います。

スポンサーリンク

受験生はどのような対策をすればいいのか?

 

このような大きな入試改革を前にどう対策していけば良いのでしょうか?

 

私の上述の見解は一旦置いといて、「試験」を突破するためだけのことを説明します。

 

英語

 

英語においては新たに英語を「話す」力が問われるということで恥ずかしがらずに堂々と英語に向き合っていく姿勢が必要でしょう。

 

公立学校においては外国人教師が英語の授業を行うという授業方式がみられます。

 

外国人教師に積極的に話かけ英語でのコミュニケーションに日頃から慣れ親しんでいくことが大切です。

アホキャラでもなんでもいいですから仲良くなりましょう。

 

おそらくクラスの多くの人は恥ずかしがって喋りに行かないですから。

 

 

スピーキング形式の英語テストに慣れておくという観点から英検の活用も一つの手段です。

英検には二次試験として英語での「面接」が課されるので有効です。

 

 

国語・数学

 

「大学入学共通テスト」では記述形式の問題が出題されるということで

「書く」「表現する」力が必須となる。

 

という一般的な意見を書きたいところですが

記述形式の問題もマークシート式の問題もそれを解く際に必要なのは知識です。

 

頭の中で書き、頭の中で表現できればそれを手で紙に書かせれば大丈夫です。

 

こういう入試改革の際に「表現力」とかいう言葉に騙されていきなりノートに知っていることをアウトプットしまくるかわいそうな高校生を出さないためにも一応言っておきます。

似た能力で「思考力」がありますがそれについては別記事で。

関連記事→「思考力とはなんだろう?ズバリこれ!

 

 

 

このブログは受験ブログですが所々大切なことを書いているのでぜひ違う記事にも一度目を通していただけたらと思います。

スポンサーリンク

-教育


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


どうも!Manakaです。

現役の医大生で、Webマーケティング、Webメディアを通じた広告事業などを中心に活動しています。

このブログでは自分の受験経験で知った、確実に合格するための計画の立て方や参考書や勉強法を紹介してます!

プロフィール詳細

勉強法や効率性に関することつぶやいてます