独学で確実に東大・医学部に合格できる勉強法

1年あれば塾や予備校に行かずに東大・医学部に誰でも独学で合格できる勉強法や参考書を紹介しています

数学

基本中の基本!青チャートの具体的な正しい使い方

投稿日:2017年8月19日 更新日:

 

青チャートの具体的な使い方を紹介します。

私は浪人時代に実際に行っていたやり方です。

スポンサーリンク

青チャートの3段階の使い方

 

まず例題の問題文を読み、解法が分かるか分からないかを判断します。

1分考えて分からないなら②に行きます。

分かりそうならそこらのざら紙に書いて解きます。

ここでポイントは本番さながらに綺麗に書くことを意識しないことです。

その例題が分かっているかどうかのみが知りたいのでわざわざ時間をかける必要もありません。

2分以内に終わります。

最初から知っている問題や、既存の知識で解けた問題には×印を問題番号の所につけましょう。そのページから得られる知識はもはやないからです。

 

解説を読んで暗記します。

10分以内が目標です。

ポイントは解答の流れを理解することです。

数学の解答というのは初見ではどこか冷めていて無味乾燥なものに見えます。

しかし、その解答には無駄がなくすべての行のすべての文に書いてある意義があります。

そのことを念頭におくと、

 

「解答中のこの文は何のためにあるのか」

 

を考えて理由付けしながら解説を理解していけます。

そうすると忘れにくく、翌日や翌週に復習した際に頭に定着しやすくなります。

 

問題は解説を読んでも分からない場合です。

どうしても分からない時は周りに聞くことをおススメします。

分からない問題があっても翌日に聞くぐらいの気持ちで気軽に構えて大丈夫です。

 

1つの分野に1~2問なら大丈夫ですが、10題以上分からないとなるともっと根本のところに原因があります。

もう少し教科書レベルをざっと復習した方が良いでしょう。

全然分からない状態で青チャートを解き進めてもほとんど効果は得られないので方針を変えましょう。

 

1つ注意点は解説を読んで暗記する際には、解説をノートに写経するような頭を使わないことに時間を使わないようにしてください。

眼で見て解法が浮かぶまで暗記できれば次に行きましょう。

 

翌日に復習します。

復習の方法は、×印の付いていない問題の問題文を読んで解法がパッと頭に浮かべば大丈夫です。

浮かばなければ、もう一回②を繰り返します。

また、その単元が終わり別の単元に入った際に前の単元(20題程度)の×印が付いていない問題をまとめて同様のやり方で復習します。

こうすると青チャートが1通り終わる前にかなり復習を繰り返すことが出来、知識を定着させやすいです。

 

 

このやり方でやると1題20分程度で終わるので1日4~6題終わらせるペースがいいです。

数英の基礎を定着させたい高校生なども、朝早くいって1題、学校の授業中に3題ほど終わらせれば復習さえしっかりしていれば、数学はメキメキと力がついていきます。

関連記事→「数学の問題集の進め方

スポンサーリンク

青チャートの有用性

 

私は浪人決まる際に、新数演などの私の志望校に合格した人が使っていた問題集をやろうにも基本的な解法が体系的に身についていませんでした。

青チャートの必要性を強く感じていました。

実際、5か月間で3冊終わらせましたがそこからの2回の一般的な模試では分からない数学の問題はまったくありませんでした。

すべて知っている問題でした。

 

満点ではありませんでしたが完答できなかった1問も解説読んで

「あぁこれ青チャートでやったな」と認識できたので復習も10分で済みますし、十分すぎる手ごたえでした。

 

精神的にも圧倒的に数学に対する余裕ができます。

例えば青チャートなどの体系的な問題集に手を着けていない受験生は分からない問題があったら、「まだ分からない解法があったのか。まだ努力不足か。」となります。

ドラクエで例えると残りの敵が何体か分からない状態で戦い続けるような状態です。

 

しかし仕上げてからは、分からない問題を見ても「絶対ほかの受験生の大半も分からないか、青チャの解説に似たようなのあるな」と認識できます。

これは敵の絶対数を知りながら戦っている状態です。

 

 

問題集はいつも完璧にしろと私は言いますが、薄い問題集や理科なら良いのですが青チャートでそれをするとさすがに精神的にも参るでしょう。

青チャートの場合は

1周通る間に2~3周分復習して8~9割ぐらい身に着ければ次の問題集行きましょう。

 

これから薄い問題集で受験までさらなる頻出問題の演習を積んでいけば大丈夫です。

スポンサーリンク

-数学


  1. ザワオ より:

    高2(3年0学期)です。東工大志望で、偏差値は大体60くらいです。
    今、1A2Bの青チャを基本例題だけひと通り学習しているのですが、それだけだともちろん足りませんよね?
    3年の6月までに基本例題は3周、重要問題は2周しようと思っているのですが、これでいいでしょうか?学校の宿題も多く(そのため予備校には通えません)、あまり時間もないので悩んでます。アドバイスをください。

    • jtarou_manaka より:

      質問する時は、何の模試でどの科目の偏差値かを言ってください。
      物の値段を聞いて「1000」と言われてもドルなのか円なのかユーロなのか分からないと判断できません。

      東工大で青チャートの例題だけでは門前払いでしょう。

      青チャートに加えて1対1対応の演習や、スタンダード演習などもしましょう。

      学校の宿題なんか無視してください。私ならそうします。
      でも、現実的にそれが難しい人は宿題は全部写しましょう。

      勉強の時間はわからない問題を考える時間に当てるのではなく全てインプットの時間に当てましょう。

      そうしたら時間なんて余るよ。

  2. モンブラン より:

    こんにちわ
    北大総合理系志望の高2です。進研模試で数学の偏差値65ですが(3)でつまずきます。先日あった全統模試では(2)の途中からつまずく感じです。
    今focus goldの2bをやっていて次に一対一と進んで行く予定です。
    マナカさんのやり方では、「考える」ということと手を動かして回答を作るということをしていないと思うのですが、やさ理までの解法暗記していれば受験数学をある程度はできるということですか?それ

    それから、いつまでにfocus goldと一対一を終わらせればいいでしょうか?

    • jtarou_manaka より:

      北大非医学部なら数学という科目においては、余裕です。

      高三の夏までに終わらせて、年明けまでに死ぬほど繰り返しましょう。

  3. bathyo より:

     高2です。
     数学も予習をしようと思っているのですが、予習は教科書、復習は青チャートでやろうと思っています。予習も青チャートのほうがいいんでしょうか?
     また、1分野というのは章のことでしょうか、それとも太字で区切られている部分のことでしょうか?
     5/19に実施された全統模試で(3)でつまづいたところがありました。駿台でも数学を余裕で解けるようにしたいです。青チャートだけでなく1対1などの問題集も青チャートのあとにやったほうがいいでしょうか?その場合、やっておくべき問題集を教えてください。
     質問が多くてすみません

    • jtarou_manaka より:

      青チャートと1対1だけでいいですよ。

      教科書は受験のために書かれた本ではありません。

  4. タルト より:

    コメント失礼します。
    大学受験ではありませんが試験のため、数学、物理学の勉強が必要な者です。
    自分も意識的に解法暗記を行なっていましたが、主さんほどの量も回転数も行えていませんでした。
    試験のプール問題を確実に解くため解法のインプット効率をあげようと、主さんの提唱するやり方を真似しようと思いました。そこで生じた疑問点を述べさせていただきます。(どこかで既におっしゃられていたら恐縮ですが…)
    眼で見て解法が浮かぶまで。問題文を読んで解法がパッと頭に浮かべば大丈夫との事ですが、どのレベルまで解法の再現が出来るレベルでしょうか?
    例えば数学において、具体的な計算レベルでは無く、微分して=0の時のxyを求めて代入して終わり!ぐらいの感覚でしょうか。
    多少の解法漏れ、例えば、具体的に計算をしていなければ分からないような、偶奇での場合分けであったり、出てきた値が分かっていないと分からない解法であったり、はどのようにされていましたか?

    そろそろ院試も近く焦燥感に駆られる毎日です。
    どうか返信の方よろしくお願いします。

    長々と長文失礼しました。

    • jtarou_manaka より:

      実際に計算しなくても答え見る段階で、計算過程も目で追えばペンを使わずできますよ。

      つまり、解法の方向性だけ覚えてればオーケーではありません。
      答え覚えるぐらいまでやりましょう。

      目安ですが、私は受験後期には、問題を見ただけで何年のどこ大の問題かを当てれる使いようのない特殊能力を完備していましたよ。

  5. サラダチキン より:

    質問失礼します。
    現在浪人生です。自治医科大学医学部志望です。
    数学は標準問題精講、英語は英文読解の透視図、物理は名問の森やっています。
    化学がほぼ独学で基礎問題精講をやっています。
    自治医科大学は全体的にスピードが求められていると感じたのですが早く解くためにはどうしたら良いのでしょうか?

    また、参考書は追加で何かやった方がよいでしょうか?

    • jtarou_manaka より:

      早く解くためには、繰り返ししかありません。

      勉強は本来、頭を酷使するので栄養が不足しがちです。
      サラダチキン毎日食べて筋トレし、夏からも頑張ってください。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


どうも!Manakaです。

現役の医大生で、Webマーケティング、Webメディアを通じた広告事業などを中心に活動しています。

このブログでは自分の受験経験で知った、確実に合格するための計画の立て方や参考書や勉強法を紹介してます!

プロフィール詳細

勉強法や効率性に関することつぶやいてます