独学で確実に東大・医学部に合格できる勉強法

1年あれば塾や予備校に行かずに東大・医学部に誰でも独学で合格できる勉強法や参考書を紹介しています

数学の参考書・問題集

受験数学に王手をかける新数学演習の難易度と使い方

投稿日:2017年10月30日 更新日:

-数学の参考書・問題集


  1. 涼宮飛鳥 より:

    質問させていただきます。
    数学のこれらの参考書と化学、物理、英語を並行して1年でやられたのでしょうか?

    • jtarou_manaka より:

      はい。参考書・問題集のカテゴリーに載せてあるものは全て1年でこなしました。

      逆に受験への準備で参考書・問題集以外は何もしていません。

  2. 結城 より:

    コメントさせて頂きます。数学に関してですが、解法暗記してその問題が解けるようになったあとにその問題を復習する時
    解説と問題を照らし合わして見るだけでも復習になりますか?それとも毎回、問題だけを見て解法を思い出す方がいいのでしょうか。

    • jtarou_manaka より:

      毎回、問題だけをみて思い出す方が頭を酷使するので記憶の定着が早いですよ。

  3. タニシ より:

    質問させていただきます。
    解法の探求・確率について調べたところかなり難しい問題集であると分かりました。これに関する記事が見当たらなかったのでやる必要があるのかと疑問に思いました。また、この問題集と物理、化学の問題集について大体何月から何月にかけてやっていたのかというのを教えてもらいたいです。
    ちなみに私は東大志望です。

    • jtarou_manaka より:

      解法の探求の記事を書く前にブログ更新やめてしまってすいません。

      マストでは特にないですよ。
      慶應の医学部では確率漸化式が毎年のように出るのでそれの練習も兼ねて追加しただけです。

      物理化学とも重要問題集は2ヶ月、新演習は1周目2ヶ月半、難系は例題のみ1ヶ月半ぐらいですね

  4. 流風 より:

    高1の者です。
    いくつか質問させてください。
    マナカさんは解答を完全に再現できるまで覚えていたとのことですが、

    ①完全に再現とは、解答や解説(文面や公式も)まるごとそっくりということですか?
    ②完全に再現できたのは平均して問題を何回見たときですか?(大体でかまいません)
    ③完全に再現できるようになるには、何回も解答を読んで、頭の中で思い浮かべることを復習しながら続けるということよろしいでしょうか?

    • jtarou_manaka より:

      ①解答の数字や字面はもちろん覚えてません。しかし流れは完璧です。
      ②1周目で手応えある問題は3周もすれば完全に再現できます。
      そうじゃなければ大体5~7周です。
      ③そうです。それが一番頭を酷使します。

      • M より:

        すみません。1つ疑問に思ったことがありましたのでご質問させていただきます。頭で数学の問題の解答を完全に再現するとなると途中式等暗算しようとすると限界があるかと思いますが、完全に再現とはあくまで流れ、こういけばこうなるからこうするというような方針みたいなものを再現するということなのでしょうか?それともある程度はメモして最後まで正確に頭の中で再現しきるということなのでしょうか?よろしければお返事ください。

  5. M より:

    すみません。追記になってしまうのですが解法暗記の密度について知りたいので質問させていただきます。例えば1対1対応の1Aの因数分解の分野の問題であればこの問題はxが3次でaが1次だから最低次数Aについて整理して因数分解すれば解決するな。というような方針のみの暗記でよろしいのでしょうか?細かい、たすきがけみたいなものはしようと思えば出来るのでそこまでは再現しなくてもよろしいのでしょうか?よろしければお返事ください。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


どうも!Manakaです。

現役の医大生で、Webマーケティング、Webメディアを通じた広告事業などを中心に活動しています。

このブログでは自分の受験経験で知った、確実に合格するための計画の立て方や参考書や勉強法を紹介してます!

プロフィール詳細

勉強法や効率性に関することつぶやいてます